Bally Hub

コミットメント

1851年の創業以来、バリーは責任あるビジネス慣行に尽力してきました。創業当初、創設者のカール・フランツ・バリーは、食堂、託児所、コミュニティ用公園などの敷地内施設を含む、従業員のための福利厚生制度を率先して整備しました。こうした他者への思いやりと地域への還元という伝統に基づいたバリーのコミットメントは、今日も製品の品質、イノベーションへの投資、環境保護、積極的な社会参加といった形で推進されています。