Bally 2024年春夏ファッションショー「Sketch of Summer」

ミラノのサン・シンプリチャーノ教会の中庭、Chiostro di San Simplicianoで撮影された2024年春夏コレクション。機能性とラグジュアリーな世界観を発展させ、1851年からのクラフトマンシップを受け継ぐ、Ballyの集大成ともいえるコレクションです。緻密でありながら即興的、ストイックでありながら柔らかな美意識が反映されています。チューリッヒの街角から連なる山々の景色まで、スイスらしいアイデンティティを散りばめました。秘められた純粋さ、見え隠れする遊び心。そこには一種の破壊性とアカデミズム、そして必然性が込められています。クラシックデザインを現代の新しい文脈で再解釈した本コレクションは、落ち着きのあるエレガンスに始まり、かつて思想家やナチュラリストたちが集ったスイスのコミュニティ、モンテ・ヴェリータ(Monte Verità、真実の山)のオルタナティブな精神へと昇華していきます。

 

環境との全体的な関わりを求めて都市生活の重圧を拒否するという、その自由主義者たちのアプローチは、文学、ダンス、絵画、パフォーマンスといった芸術のさまざまな側面に変革をもたらしました。デザインディレクターSimone Bellottiはこの独特の熱気を、イビザ島のDJ、Leo Masのバレアリック・サウンドを通して現代の私たちに伝えます。その気取らないリベラルな精神は、DJの1987年の作品『Summer of Love』を彷彿とさせるものです。
コレクションのコンセプトである「二面性」を表現したジェンダーレスなワードローブは、人間が真に人間らしくあることをブランド哲学に取り入れるという、Bellottiのビジョンを体現しています。

MILAN FASHION WEEK

Bally SS24

デザインディレクターSimone Bellottiが手掛けた初のランウェイショー、「Sketch of Summer」のルックをご覧ください。

コレクションを見る

コレクション

のショッピ

ングをお楽しみください

Event Header Live Placeholder
コレクション情報をいち早くお届けします