Persistence of Time

コンテンポラリーで華やかな美意識の象徴となった、Bally2023年秋冬コレクション。ショーの舞台となったのは、レオナルド・ダ・ヴィンチが『最後の晩餐』を描いたときの住居として知られる、ミラノのカーサ・デグリ・アテラニ(Casa degli Atellani)です。ヨーロッパの長い歴史がその現在と出逢い、既知のものと斬新なものが並存する世界。力強さとセンシュアリティの二面性は、レザー、メタリック、ニットを使用したメンズ・ウィメンズウェアに豊かな表情を与えます。伝統とブランドの新たな言語との融合による、確信に満ちたコレクション。グラフィックシンボルとして存在感を高めるBallyエンブレムとともに、オーバーサイズのフェイクファーコートや、ダイヤパターンのキルティングモチーフを復刻した大胆なアウターウェアも登場します。

MILAN FASHION WEEK

Bally FW23

ミラノで開催されたBallyの2023年秋冬ファッションショー「Persistence of Time」のルックをご覧ください。

コレクションを見る

Bally ファッションショー

FW23 ミラノ

ミラノ 2023.02.25

Event Header Live Placeholder
Get the latest show
updates