Bally Peak Outlook

Bally Peak Outlook

世界の山々の環境保全を目指して
ビデオの長さ
騒音レベル

山の重要性

世界の地表の25%を占める山は、世界人口の12%に淡水を供給しています。現在、地球温暖化や行き過ぎた観光化の悪影響により、世界中の山岳環境が危機に瀕しており、山岳環境問題に対する意識の向上や、早急な対策が求められています。

山との関わりの歴史

バリーと山との関わりは深く、ブランドの原点であるアルプス山脈と、パイオニア精神に深く根ざしています。冬季オリンピックのスイス代表選手団や、20世紀初期のスイス人冒険家のスポンサーを務めたり、1953年にエドモンド・ヒラリー卿と共に初のエベレスト登頂を達成したテンジン・ノルゲイが履いていたアイコニックなレインディア・ヒマラヤブーツをデザインしたりなど、バリーは自然環境やアウトドアに対して常に深い敬愛の念を抱いてきました。

エベレスト山脈やヒマラヤ山脈、さらにその先へ

南極と北極に続き、世界3番目の規模を誇るヒマラヤ氷河は、急速な勢いで融解を続けています。過去40年で数十億トンもの氷が失われており、灌漑や水力発電、飲料水にその氷を頼りにしている下流域の8億人の生活が脅かされています。

2019年、バリーは広範なサステナビリティプログラムの一環としてBally Peak Outlookイニシアチブを発足し、エベレスト山脈のベースキャンプから頂上までの大掛かりな清掃活動などの取り組みを開始しました。(バリーの社会的責任に対する姿勢について、詳しくご覧ください。) 環境活動家で登山家のダワ・ スティーブン・ シェルパ氏率いる経験豊富な登山家チームが先頭に立ち、「 世界の屋根」 から2トンのゴミを回収し、 神聖な山の景観を回復しました。 ゴミの半分以上は「 デスゾーン」 から回収されたものでした。

2020年、バリーは山岳環境保全に対する長期的な取り組みを公式化するため、危機に瀕している世界中の山岳の環境保全を理念に掲げるBally Peak Outlook財団を発足しました。 2021年までに2回目のエベレストベースキャンプの清掃活動と、ダワ氏のスチュワードシップの下でヒマラヤ山脈を構成する8,000m級の7つの山脈(チョ・オユー、ダウラギリ、カンチェンジュンガ、ローツェ、マカルなど)の清掃活動を予定しています。

バリーPeak Outlook財団は、2020年秋に富士山クラブと共同で、日本の有名な巡礼地である富士山の立ち入り禁止区域のゴミを除去するための高地登山を実施します。 その後、2021年にはタンザニアのキリマンジャロ山を対象に、現地の環境問題に取り組むとともに、山頂へのより持続可能なアクセスを可能にする新しいトレイルの建設に向けて、現地のレンジャーを支援していきます。

Woman Collection

山岳環境保全活動のパートナー 

バリーは、登山家兼作家として活躍するジャムリン・テンジン・ノルゲイ氏の重要な活動や、ノルゲイ家が運営するテンジン・ノルゲイ・シェルパ財団の支援を通じて、クムジュン村やヒマラヤ地域の清掃活動と教育プログラムの推進を応援できることを誇りに思っています。

また、山岳地域に住む人々の生活条件や生活の質の改善に取り組むグローバルプロジェクトを率いる国際山岳連盟(UIAA)と、毎年行われる山岳保護賞のスポンサー支援も行っています。

Woman Collection

The Bally Peak Outlook
T-Shirt

世界最高峰の山岳環境保全に向けた支援アイテムです
今すぐ見る

参考文献&リソース