ビデオの長さ
騒音レベル

Bally Peak Outlook財団

バリーと山との関わりは深く、1851年以来、ブランドの原点であるアルプス山脈と、パイオニア精神に深く根ざしています。

1956年には冬季オリンピックのスイス代表選手団、20世紀初期にはレイモンド・ランバートやリオネル・テレイをはじめとする著名な登山家のスポンサーを務めました。また、1953年にエドモンド・ヒラリー卿と共に初のエベレスト登頂を達成したテンジン・ノルゲイが履いていたアイコニックなレインディア・ヒマラヤブーツをデザインするなど、バリーは自然環境やアウトドアに対して常に深い敬愛の念を抱いてきました。

Bally Peak Outlook Infographics

そして今日、バリーは地球温暖化や環境公害がもたらす悪影響から世界の脆弱な山岳地域を保護することを理念に掲げるBally Peak Outlook財団を通じて、山岳で培ってきた伝統を守り続けています。同財団は、これらの素晴らしい景観の未来を脅かす危機的な問題への認識を世界中で高めることに取り組んでいます。また、ヒマラヤ山脈における8つの標高8000メートル級の山々を清掃する「8x8000m」宣言から始まり、タンザニアのキリマンジャロ国立公園の森林警備隊員に対する支援に至るまで、地元コミュニティへのエンパワーメントを通じて持続可能な変化を実現しています。