Bally Peak Outlook

Bally Peak Outlook

山岳環境の保全
ビデオの長さ
騒音レベル

山とBallyの永続的な絆は、ブランドの原点であるアルプス山脈とパイオニア精神に深く根ざしています。こうした伝統からインスピレーションを得たBALLY PEAK OUTLOOKは、世界の山々の環境保全に長期的に取り組むものです。このプロジェクトはエベレスト山頂の清掃を目指すクリーンアップ登山隊への支援から始まり、5月21日に世界の最高峰である目的地に到達しています。

ダワ・スティーブン・シェルパ氏率いる経験豊富な登山家とガイドのチームは、ネパールの高山地帯ヒマラヤの出身であるシェルパ族で構成され、2トンのゴミを回収し、エベレストのベースキャンプとその山頂にかけて広がる美しい自然の回復に貢献しました。

The Clean-Up

「バリーが私たちの活動を理解し、初めてのエベレスト山頂におけるゴミ回収活動を支援することになった時、大変うれしく思いました」- ダワ・スティーブン・シェルパ

今までエベレストにおける清掃活動は、ベースキャンプと山の中間地点であるキャンプIIの間の区域に限られていましたが、Ballyが支援する清掃隊の活動は山頂にまでエリアを拡大しました。初回の活動では廃棄物総量1トン、その半分以上を8,000mを超える「デスゾーン」にて回収し、シーズン終了時にベースキャンプに戻ってきた追加クルーがさらに1トンを回収しました。クライミングシーズンの終わりに清掃活動が行われたのは初めてのことです。

このプロジェクトには、著名なシェルパであるテンジン・ノルゲイ氏の息子であるジャムリン・テンジン・ノルゲイ氏も参加しています。テンジン・ノルゲイ氏は、1953年にエドモンド・ヒラリー卿と共にエベレストへの人類初登頂という偉業を達成したとき、Ballyのブーツを履いていました。
Samir Jung Thapa撮影の写真とビデオ(一部作品を除く)

「私たちシェルパは山々が神聖な場所であると信じています。私たちはレジャーやスポーツのために山に登ることはしません。私たちが登るのは生き方そのものですから。」- ジャムリン・テンジン・ノルゲイ
Woman Collection

Ballyをフォロー