バリー 2019春夏コレクション

懐かしのオープンロードに思いを馳せて - バリーの2019春夏コレクションではロードトリップにインスピレーションを得ています。カラー写真のパイオニア的存在である写真家、ジョエル・スタンフェルド(Joel Sternfeld)とステファン・ショア(Stephen Shore)が描き出したような、カリフォルニアの夕焼けが放つ暖かい光に満ちた冒険にオマージュを込めました。バリーが提案するのは、現代の超ネット社会からの解放を求めたエフォートレスな旅。スイスのシェーネンヴェルトから始まったバリーのルーツに焦点を当てたコレクションで、ノスタルジックなロードトリップを表現します。馴染みのある名前とモチーフを再訪しながら、アーカイブから更なるインスピレーションを引き出して生まれたコレクションとなりました。

DISCOVER MAN DISCOVER WOMAN
look-1
look-2
look-3
look-4
look-5
look-6
look-7
look-8
look-9
look-10
look-11
look-12
look-13
look-14
look-15
look-16
look-17
look-18
look-19
look-20

SS19 WOMEN

Woman

バリーを愛する女性は、洗練されたシンプルさを求めます。自らのユニークな視点でファッションルーツを巡る冒険に出かけ、旅に沿って収集したアイテムで思い出を巧みに作り出します。サンダル、ピープトゥミュール、ブーツの新しいフォルムを感じさせてくれるJANELLE。C.F. バリーの妻にちなんで名付けられたCECYLEは、1970年代のバッグを彷彿させるキルティングレザーで仕立てた、半月形のクロスボディバッグ。ユニークなレイヤリングで異なる質感を際立たせたレディ・トゥ・ウェアと合わせれば、今シーズンならでは装いが完成です。

SS19 MEN

Man

バリーを愛する男性は、楽観的で情熱に溢れた若々しい心の持ち主。ジャック・ケルアックやガンター・サックスから、ナポレオン・ダイナマイトまで、人生を思い切り楽しむ男性たちのスタイルからヒントも取り入れます。コーディネーションの主役は、BALLY CHAMPION(1990年代に発売されたオリジナルのレプリカ)に代表されるスニーカー。流線形のシルエットで仕立てた70年代スタイルのジャケットに、 SUPER SMASHロゴなどアーカイブのさり気ないディテールをあしらったバッグやアクセサリーを合わせて、冒険に出かけましょう。

#BallySS19