Our Partners

バリーのパートナー

Bally Peak Outlook財団は、バリーが取り組む山岳保全活動に対して重要な助言と洞察を与えてくれるグローバルパートナーと幅広い連携を構築しています。「姉妹山」にも遠征しており、環境活動家兼登山家である野口健の監督の下、富士山の高所に登り、富士山クラブと共に立ち入り禁止区域の清掃活動が行われています。また、責任のある観光事業を推進するため、タンザニアのキリマンジャロ国立公園の地元の森林警備隊員による持続可能な新ルートの整備活動を支援しています。

さらに2019年以降、バリーは山岳地域に住む人々の生活条件や生活の質の改善に取り組むグローバルプロジェクトを率いる国際山岳連盟(UIAA)と、毎年行われる山岳保護賞のスポンサー支援も行っています。2013年に創設された国際的なこの賞は、ポジティブな変化をもたらす山岳プロジェクトを通じて革新と登山家の貢献心を後押しするものです。2019年の受賞者となったスイス・アルペン・クラブによるアルペン学習プロジェクトは、ユネスコ世界遺産であるスイスのユングフラウ - アレッチで課外授業を行うことにより、アルプスにおける持続可能な開発を生徒たちに教えています。

Bally Peak Outlook財団は、テンジン・ノルゲイの息子であり、ネパール文化についての造詣が深く、広い知識を持つネパール人登山家兼作家のジャムリン・テンジン・ノルゲイと引き続き緊密に協働しています。また、クムジュン村やヒマラヤ地域の教育プログラムに対して奨学金や資金を提供する、ノルゲイ家が運営するテンジン・ノルゲイ・シェルパ財団とのパートナーシップもさらに強化しています。

参考文献&リソース