Shifting Seasons

ハリエット・クイックが、天候が変わりやすい季節でもシックに装う秘訣を語ります。

「さて、何を着よう」着る服に困ることが多いのが、季節の変わり目。着たい服のアイデアが次々に浮かぶハイシーズンは、コーディネートのローテーション決めは簡単です。でも季節が変わり始めて天気の予想が難しくなると、そのローテーションも崩れてしまいます。コーディネートがまとまらずイライラ、不機嫌モードになることも。

シナリオを想定してみましょう。トラピーズラインのミディアム丈のドレスがあるけれど、その上にうまく羽織るものがない。ウィスカー加工のデニムはオフィスウェアには不向きだし、オフショルダーのラッフルブラウスはすぐシワになってしまいそう。かと言って、少し変わったデザインのボーイフレンドジャケットやトレンチコートもどうかと思うし、一体どうすればいいの?ファッション用語に必要なのは「季節の変わり目」アイテム。それも、退屈な「ノームコア」の定番スタイルよりもパンチの効いたスタイルが求められています。

shifting seasons

2017秋冬コレクションの新着アイテムを見る

ウィメンズ メンズ

この状況で、コーディネートを上手に仕上げてくれるアイテムは?アクセサリーで工夫する、少なくともアクセサリーを合わせることから始めてみるのが良いでしょう。バリーのJANELLE、LOREL、LOTTIEバブーシュはカジュアルでエレガントなスリッポンシューズ。長めのラインとアーモンド型のトゥが秋らしいパンツスーツやドレスにマッチします。今シーズンのバリエーションにはパテントレザーとスタッズ付きのバージョンが登場。クレープ素材のキャロットレッグパンツにタフでリュクスな印象を添えます。プチヒール付きのバージョンなら、膝丈のスカートにぴったり。また、季節の変わり目に欠かせないアイテムと言えばアンクルブーツでしょう。バリーのSYLVAは、丈夫で保護性能に優れていながら、イブニングドレスにも合わせられる繊細さが魅力。ゴールドの飾りがきらめくデザインは、スーツとの相性も抜群です。淡い質感としなやかな曲線が特徴のBEKARIアンクルブーツは、アニマルプリントでもゴールドがアクセントのブラックでもシックに決まります。

ビジネスやレジャーの旅行なら、カーフレザーを使ったシガレットヒールのEVONYパンプス、またはブラックスタッズをあしらったラムレザーのHENRIKAスニーカーがを合わせれば完璧です。バッグでコーディネートを仕上げるなら、アニマルプリントのカーフレザーとポニーヘアのデイバッグ、BELLEはいかがでしょうか。大ぶりなゴールドバックルが遊び心を感じさせます。BELLEは、優雅さ漂うキリッとした大きめのクラッチやベルトも展開。際立つバックルがどんな装いにも華を添え、秋へ移り変わる時期のファッションの悩みを解消してくれる心強い味方です。

shifting seasons

では、どんなコーディネートにも合うドレスと言えば?まず思い浮かぶのがシャツドレス。この夏、ストライプコットンのデザインがトレンドになったのも納得できます。バリーの最新アップデートはシルクバージョン。ブラック地に鮮やかな葉のモチーフをプリントしました。日中はボタンを上まで締めてフラットシューズとペアリング。夜のお出かけにはハイヒールと合わせます。少しボタンを外した胸元にネックレスを重ねづけしてみましょう。もっとドラマチックでセクシーなファッションがお好みなら、ファンシーなブラウスはいかがですか。「多ければ多いほど良い」の精神を体現するバリーのブラウスはシルククレープ製。ラッフルとリボンをあしらった、ゴールドまたはパープルラメのカラーのブラウスは、秋から年末のパーティーシーズンまで大活躍するに違いありません。

メンズファッションの注目は、ローファーとスニーカー。晴れ続きから雨模様へと季節が移ろう時期に足元をしっかり守ります。人間工学に基づいたソールを備えた、質感のあるMICSONローファーは履き心地の良い端正なデザイン。また、カーフレザーを使ったモンクストラップローファーのWELKYは、スタイリッシュなフリンジとバリーストライプがあしらわれた一足。バブーシュヒールで、普通のローファーとしても、カジュアルなスリッポンとしても楽しめます。この季節の休暇やカジュアルな場面には、バリーストライプが際立つ、シンプルながら綺麗な造りのブラックスニーカー、HELVIOはいかがでしょう。スタッズ付きのハイカットスニーカーのHEDERNを無造作に履きこなしてスタイリッシュに決めるのもお薦めです。ALENEOドローストリングバッグや、パッチを散りばめたTIGAバックパックを肩に掛ければ、どんな天気の日の外出も足取りが弾みます。